副業でブログ運営をしている方は個人事業主として開業届を提出した方が良い理由【税務】

2020年12月6日ブログ運営,確定申告,開業届

副業でブログ運営をしている方は、早めに税務署に開業届を提出して、個人事業主としての青色申告で確定申告した方がメリットが大きい事があります。開業届、青色申告に関するポイントを紹介したいと思います。

この記事で分かる事

  • 開業届はいつでも提出出来る
  • 青色申告特別控除として最大65万円の控除が受けられる
  • 家族への給与を経費として計上できる
  • 赤字を3年間繰り越す事が出来る
  • 屋号での口座開設が出来る
  • 扶養から外れる人もいる
  • 失業保険を受けられなくなる
  • 本業の会社に副業がばれたくない人の対応方法

開業届を出すべきタイミング

開業届は、「個人事業の開業・廃業等届出書」を管轄の税務署に提出する事です。開業(個人事業主)する時に1ヶ月以内に提出するものです。提出しなくても特に罰則はないのですが、所得税法第229条にて提出を義務付けられているそうです。

ブログ運営もアフィリエイト収入がある場合には、事業所得扱いになるので開業届が必要です。

開業日に決まりはないそうなので、実際に事業を開始した日で提出するのが無難かと思います。私はレンタルサーバを借りてアフィリエイト収入を目指して作業を開始した日にしました。

開業届を提出したからといって何か支出、税金が増える訳ではありません。むしろ、利益が出ている人は確定申告をしなければ脱税になるので注意が必要です。

開業届を提出するメリット

メリット

  • 開業届を提出すると青色申告で確定申告が出来る
  • 青色申告は最大65万円の控除を受けられる
  • 家族への給与を経費に計上できる
  • 赤字を3年間繰り越す事が出来る
  • 屋号を提出しておけば、屋号での口座開設が出来る

個人事業主用の青色申告は、青色申告特別控除として最大65万円の控除が受けられます。事業所得がある人は特にこのメリットは大きいと思います。

簡易簿記だと10万円の控除、複式簿記だと65万円の控除が受けられます。複式簿記だと手間がかかりますが、55万円の差は大きいです。今時はクラウドサービスを使う人が多いかと思います。

家族への給与がある人は経費として計上する事が出来ます。給与所得者(サラリーマン)の確定申告(白色申告)だと、配偶者は86万円、親族は50万円の上限がありますが、青色申告では上限がありません。

まだ収益が無いので開業届を提出しなくても良いと思っている方もいるかもしれませんが、3年間の赤字を繰り越せるので、サーバーのレンタル費用等の既にブログ運営費用として払っている支出を3年間繰り越す事が出来ます。最初はこれが一番大きなメリットかと思います。

屋号は提出してもしなくても良いですし、いつでも申請・変更できます。屋号を提出しておくメリットは、屋号で銀行口座を開設できることです。個人事業口座を開設すると、収益管理、帳簿がつけやすくなり、特に税務署から監査が入った時に対応しやすいそうです。プライベートの口座とはしっかりと分けた方が良いかと思います。

ブログ運営者には余り関係ないと思いますが、補助金(助成金)、融資の申し込みも可能になるそうです。

開業届を提出するデメリット

デメリットがあるからといって、提出しない訳にもいかないと思うんですけれどね。

デメリット

  • 配偶者の扶養から外れる
  • 失業保険が受けられなくなる

開業届を提出すると、合計所得が130万円いかでも扶養から外れる場合があるそうです。扶養者と同居しているか否か、扶養者の所得額が関係してくるそうです。

主に主婦でブログ運営している人に関係するかと思いますが、収入が見込める場合は、将来的に扶養から外れる事になるかと思います。どのタイミングで外れるのか不安な人は、税務署に相談した方が良いかと思います。

失業保険が適応されなくなるので、本業を退職する予定の人は注意が必要です。開業届を提出後に失業保険を不正に受給すると罰則の対象となるらしいです。

本業の会社に副業を知られたくない方の対応方法

2019年4月に施行された働き方改革もあり、今時は副業が問題になる事は少ないかと思いますが、副業を知られたくない方は多いと思います。副業をしている事だけでなく、収入も知られてしまうようです。

住民税は普通徴収にする

住民税の支払い方法は、普通徴収と特別徴収があります。普通徴収は自分で窓口等で支払う方法ですが、特別徴収は給与から直接引かれる方法です。特別徴収を選択していると、本業の会社に副業の収入が記載された通知が届くそうです

社会保険に加入する副業は避ける

副業で社会保険に加入した場合にも、社会保険の支払額、通知書から本業の会社に知られてしまう可能性があるそうです。社会保険は、2カ所以上の事業所で加入すると「健康保険・厚生年金保険資格取得確認、二以上事業所勤務被保険者決定及び標準報酬決定通知書」という通知書が発行され、こちらに副業での収入が記載されているそうです。

まとめ

TOPIC

利益が無くても開業届を提出する事で赤字が繰り越せます
利益が出ている人は、青色申告で節税になるので開業届を提出した方がメリットが大きいです

開業届を提出するなら、開業 freee がお勧めです。私も利用しましたが、e-Taxも利用したいので在宅作業のみで1-2時間で提出できました。こちらの記事で、開業 freee とe-Taxでの開業届の提出方法を紹介しています。