新生児用に購入した育児用品の中からおすすめ品を紹介【口コミ・レビュー】

子育て,育児

我が家では男児3人を子育てしています。

最初の一人目の時は手探りなので、購入して良かった物もあれば、購入せずに後から後悔した物もあります。

そんな私の経験から子育てをする中でお勧めの育児用品を紹介したいと思います。

お尻拭きケース

新生児から幼児の間はおむつにトイレをする事になるので、トイレのたびにお尻拭きで拭く事になります。

お尻拭きはこちらのようなウェットティッシュの大きいサイズの物を使うのですが、お尻拭きの蓋はテープになっているだけなので、そのままでテープの付け外しが面倒です。

そこで、お尻拭きに取り付けられる蓋を使うととても便利です。

蓋を取り付けるタイプは、小さくて軽いので持ち運びに便利です。お尻拭きは外出先でも使うので、こちらの製品は本当に重宝します。

接着部分は洗えば粘着力が復活する物が殆どです。

柄も豊富なので、好みのデザインの蓋が見つかるかと思います。

デメリットは子供が蓋をはがして遊ぶ事です。うちの子供たちも剥がして投げて遊んだり、気が付いたらゴミ箱に捨てられていたりして、徐々に数が減っていきました。

自宅ではこちらのウェットティッシュケースを使う事にしました。ケースタイプの物はいくつか類似商品があるのですが、プッシュオープン(押して開ける)タイプは珍しいです。

プッシュオープンの良い所は、子供も開けやすい点です。お尻拭きを使って自分で拭くようになった時に、子供が開けづらいと意外と困ります。

子供が開けやすいと、子供が小さい時に開けてお尻拭きを出して遊んだりするのですが、それはどのタイプでもそれなりに発生する事故だと思います。

若干重いので、持ち運んで使う物ではなく、ベビーベッドなどの定位置に置いて使う為の製品です。

子供が必ずトイレで用を足すようになったので、今ではトイレではお尻拭きの蓋タイプを使って、こちらの製品はウェットティッシュを入れてダイニングに置いています。

赤ちゃんの肌着はボタンタイプがお勧め

赤ちゃんの肌着はよく汚れるので、沢山買って沢山捨てました。洗濯の回数も多いので、洗濯している間に着る分も考えると、かなりの枚数が必要です。

肌着も年々進化しているようで、長男の時は紐で結ぶ肌着しかなかったのですが、次男の辺りからボタンで留めるタイプが出始めてきました。

肌着はタンタイプをお勧めします

紐タイプは意外と紐を結ぶのが面倒ですし、赤ちゃんといえど数ヶ月もすれば結構動くようになります。紐タイプ、激しく動くようになると結び目が解けたりもします。

その点、ボタンタイプは着替えをする時も簡単ですし、紐の様に解けるような事もありませんでした。

赤ちゃんは乾燥肌なのでベビーローションが必要

赤ちゃんは乾燥肌なので、ベビーローションは必須です。

幼児期でもずっとベビーローションは縫ってかゆくなったりしないように気を使っています。

かゆくなると爪で肌を引っ掻くようになってしまいます。手加減をしないで出血するくらいに強く引っ掻くので直ぐに肌がぼろぼろになってしまいます。

沐浴の後には必ずベビーローションを塗りますし、普段も定期的に塗ってあげると良いです。

余りにも乾燥肌とひっかき傷が酷いので、一時期マスクを使っていた時期もありました。

起きている時だと、外してしまう時もあるのですが、寝ている時にこっそりと付けておくと直ぐには外さないのでそれなりに効果はありました。

おむつかぶれ対策おむつ

子供によっては普通のオムツを使ってもオムツでかぶれる事があります。

3人の子供のうち、長男は普通のオムツで良かったのですが、次男・三男はおむつかぶれが酷かったので、肌へのいちばんに切り替えました。肌へのいちばんを使うと全くオムツでかぶれなかったので本当に効果がありました。

オムツかぶれ対策として、肌へのいちばんに切り替えた時の体験談と、お得な購入方法をこちらの記事で紹介しています。

ベビーバス

新生児の沐浴には赤ちゃん用のお風呂が必要です。

大人と同じ湯舟に入れてしまうと、間違って取り落としてしまった時に溺れてしまうので、必ず沐浴は赤ちゃん専用のお風呂を使います。

長男の時には、プラスチック製のがっちりしたのを購入したのですが、これは失敗でした。理由は、置き場所に困るからです。

赤ちゃん専用のお風呂は、数ヶ月しか使いません。最初は次の子供の為に取っておこうかと思ったのですが、余りにも場所を取るので捨てました。

次男からは、ゴム製の空気で膨らますタイプのお風呂にしました。

空気が良い感じにクッションになるので、プラスチック製品に比べて赤ちゃんを置いた時の不安が少ないのも良い点です。

空気を抜くとコンパクトになりますし、その状態でならゴミにも出しやすいので便利です。

バウンサー

長男の時に購入したのですが、三男の時でも現役で活躍しています。

首が座ったらバウンサーに寝かせて、親の近くに置いておくことが出来ます。

赤ちゃんは親の姿が見えないと泣くことが多いです。ですので、バウンサーに乗せてキッチンの脇に置いたりすると、家事をする時も楽です。

床に直接子供を寝かせると、間違って踏んでしまう方がいるので注意が必要です。バウンサーに座らせておくとそのような事故を避けられます。

離乳食の時期にはバウンサーに座らせてご飯を食べさせる事が出来ます。その頃はまだきちんと椅子に座るような事は出来ないので、バウンサーの傾きが丁度使いやすいです。

ある程度大きくなると、バウンサーに自分で座ってご飯を食べるようになります。子供にもよりますが、大人と同じご飯を食べる頃にはそのような感じになります。

バウンサーに乗って豪快に揺らして遊んだりするのですが、今の所それで怪我をしたという事はありません。壊れたりもしないので結構丈夫です。それだけ激しく使っても、床を傷つけるような事がないのも良い点です。

抱っこ紐

抱っこ紐は必須です

最初に購入したのは子供が生まれる前だったのですが、色々調べたり、試着した感じでは、エルゴが一番良かったです。

10Kgの子供を抱っこするので、それなりに消耗するのか、3人を育てる間に二度壊れました。

最初のモデルはシンプルな設計だった事もあり、故障個所もプラスチック製のホック部分が壊れるという物でした。重要なパーツなので修理不能と言われたのと、かなり使い込んだので仕方がない感じでした。

2度目の故障では、抱っこ紐がかなりモデルチェンジしており、新しく追加された腰ベルトの位置調整用のマジックテープが破れました。

2年ちょっとで壊れたので、旧型に比べると耐用年数も短かったです。

その分便利にはなっていて、そのまま新生児にも使える(旧型は別売りのインサートが必須だった)点と、前向き抱っこが出来るようになっています。

前向き抱っこはそれ程重要ではないのですが、インサートが不要なのは便利でした。最新型は、首がぐらぐらしないように、首の所がホールドされるようになっています。

10Kgの赤ちゃんをずっと抱っこする事になるので、耐用年数は余り期待しないで購入した方が良いと思います。

気管支炎対策として鼻水吸引機が必要

次男が生後半年くらいの時に、鼻水が酷くて気管支炎になってしまった事があります。

その時に、通院していたお医者さんから鼻水を吸引するように指示されたので、こちらの商品を購入しました。

しっかり吸ってくれて、これを使い始めてからは、気管支炎になったりはしていないです。親が口で吸引するタイプもあるのですが、余り衛生的ではないでお勧めしません。

Amazonでは医療従事者のみ購入可能な商品と警告が出ます。

調べてみたところ、 “管理医療機器 ClassII" というのに該当する製品らしく、販売者側がきちんと許可を取っている必要があるみたいでした。

購入者側への制限は特になく、管理医療機器 ClassIIにはマッサージ機なども該当するので特に強い制限があるようなものではありません。

詳しくは自治体のサイトで確認できます。

3 管理医療機器販売業・貸与業の届出について 東京都福祉保健局

ベッドガードは必須

本来は乳幼児と親は一緒に寝ない方が、リスクを回避出来ます。

ですが、うちの奥さんがベッドで授乳しながら一緒に寝る事が多いので、ベッドガードを購入しました。

ベッドガードが無いと普通にベッドから落下するので非常に危険です。

ベッドガードがあると落ちる事はほぼありません。

こちらの製品がしっかりと子供の進行を阻止していて、落ちずに済んでいるのを何度か見かけました。ベッドとベッドガードの隙間に挟まって寝ていた事もありました。それくらいしっかりとしています。

設置方法は簡単で、ベッドのマットレスの間に足の部分を挿し込みます。

大人がベッドに出入りする時には、少し邪魔にはなりますが、全く出入り出来ない程の高さではないです。それでいて子供が乗り越える事は一度もありませんでした。絶妙な高さだと思います。

零れないコップ

子供はコップの飲み口から上手に水を飲む事が出来ません。

そこでストローが必須です。更には、子供がコップで遊んだりしても零れないコップが望ましいです。

最初はこちらのいくつかの飲み口が選べるタイプから入りました。どの子供も飲み口が小さい物から始めました。ストローだとうまく口を付ける事が出来ないので、最初からはうまく飲めません。

ある程度大きくなると、ストローを取り付けられるコップが便利です。

うちの子供たちはポケモンが好きなのでポケモンの絵柄のにしていますが、色んなえら柄の商品があります。

市販の使い捨てのストローを挿し込んで使っています。意外とこれを使うだけで水やジュースを零す事が少なくなりました。

ちょっと倒したくらいでは殆ど零れないのでとても重宝しています。

育児子育て,育児

Posted by melty