マンションから戸建てへと住み替えた理由とメリット・デメリットを紹介

マンション,マンション売却,不動産,住み替え,分譲マンション,戸建て

持家を購入する時、マンションと戸建てのどちらを購入するべきか迷われる方が多いと思います。

私はマンションと戸建ての両方に住んだことがあります。マンションを購入して6年くらいで戸建てへと住み替えをしたので、どちらも比較的新しい設備の物件に住んでいます。

そんな経験から得られたマンションと戸建てのメリットとデメリットを紹介したいと思います。

そして私はマンションから戸建てへと住み替えて良かったと思っていますので、その理由も紹介します。

マンションから戸建てへの住み替えの費用・住宅ローンの手続きが気になる方にはこちらの記事もお勧めです。

分譲マンションのメリット

分譲マンションに住むメリットを順番に紹介します。マンションは家の中の居住性が良いのが一番のメリットです。

階段がない

私が最初に分譲マンションを購入した一番の理由は階段がない事でした。老後の事を考えると、階段のない住宅の方が住みやすいと考えたからです。

寝室が2階にある戸建てでは、毎日必ず階段を上り下りしなければいけません。年を取るとそれが辛くなると聞いていたので、階段のないマンションは長く住むには最適だと思いました。

気密性が高い

マンションは戸建てに比べて圧倒的に気密性が高いので冷暖房の効きが良いです。

日当たりが良い部屋に住んでいたので、冬場でも天気の良い昼間は暖房がいらないくらいでした。

ゴミ収集所がある

ゴミ収集所があるのでゴミを捨てられるのはメリットが大きかったです。

いつでもゴミを出せるので、家の中にゴミが溜まっているという状態がありません。通販を利用すると溜まるダンボールや、臭いがする生ごみなどをごみ収集所にいつでも捨てられます。

ゴミ収集所はいつでもゴミが置いてあるので、害虫が住み着くデメリットもあります。ゴミ収集所近くの部屋はお勧めしません。

売却しやすい

マンションは売却しやすかったです。

私はマンションを売りに出してから2週間で売買契約を結ぶ事が出来ました。その時の事はこちらの記事で紹介しています。

分譲マンションのデメリット

分譲マンションにはいくつかの大きなデメリットがあります。1つでも我慢できない項目がある場合は、分譲マンションの購入を考え直した方が良いかと思います。

騒音トラブル

分譲マンションに住んでいた頃は子供は2人だったのですが、騒音トラブルに悩まされました。

最上階に住んでいたのですが下の階の方から一度苦情を言われた事があり、それ以来音に対して過敏に反応するようになってしまいました。

一度でも騒音で苦情を言われると、子供が少し足音を立てただけで怒ってしまうようになります。

足音対策として厚めのクッションマットを敷くと、床暖房は使えなくなりますし、子供は飛んだり跳ねたりするので、クッションマット程度では騒音対策になりませんでした。

夫婦ともに田舎育ちなので、分譲マンションの騒音トラブルがこれほど苦痛だとは思いませんでした。戸建てへと住み替える一番大きな理由は騒音トラブルでした。

3LDKが殆ど

分譲マンションは3LDKの部屋が殆どです。お子さんが1~2人なら良いのですが、3人を考えている家庭では3LDKは狭く感じるはずです。

私もマンションに住み始めた頃は、新生児の子供が1人だけでしたので、3LDKということでの窮屈さは感じませんでしたが、3人目の子供を妊娠した頃には、3LDKは狭いと感じるようになりました。

数は少ないですが4LDKの部屋もあります。将来的に家族が増える予定がある方は、4LDKの部屋を購入する事をお勧めします。

廊下側の窓を開けられない

住んでみて分かったのですが、廊下側は人通りが多いです。ですので、廊下側の窓は余り開けませんでした。

一応、廊下側の窓にプライバシーを守る為に、アルミ製のブラインドが付いていたのですが、部屋の直ぐ隣が廊下なので、お互いの音が良く聞こえます。

廊下を歩いている人に話し声も聞こえますし、部屋の中の音も廊下に聞こえます。

結果的に、廊下側の窓は開け無くなりました。

駐輪場に2台しか停められない

入居時の子供が小さい家庭が多いのですが、子供が大きくなると駐輪スペースの確保が大きな問題になります。

都内のマンションだけかもしれませんが、家族で2台分の駐輪スペースしかない物件に住んでいました。

入居当初は自転車を持っていなかったので、3台目を使いたい人に貸していました。ですが、自転車を使おうと思いスペースの利用を申請すると、数ヶ月待たされただけでなく、電動自転車が置けない立体駐輪スペースの上の段を割り当てられました

小さい子供が居て電動自転車が使えないと、移動範囲が限られるので生活しづらくなります。

機械式の駐車場は不便

機械式の駐車場はとても不便です。

大人だけなら不便を感じないかと思いますが、子供がいると一気に不便になります。子供が車の中で寝ていると、大抵の場合一度起こさないといけなくなります。

駐車場から玄関まで距離があるので、寝ている子供と荷物を同時に運ぶは無理です。

雨が降っているとその苦労が何倍にもなるので、車を持っていても不便でした。

継続的な維持費

分譲マンションでは、管理費と修繕積立金の支払いが必須です。管理費はマンションの規模が大きいと安くなりますが、修繕積立金は段階的に値上がりしていくので負担が大きいです。

車を所有していると駐車場の利用料金もかかります。23区では2~5万円が相場です。

私が住んでいたマンションでは、30年間住み続けると管理費・修繕積立金・駐車場代の合計が2000万円を超える計算でした。

マンションは資産価値があるとよく言われますが、それを維持するだけの修繕費を払い続けているとも言えます。

戸建てのメリット

戸建てのメリットはマンションのデメリットに対応するものが多いです。

音のトラブルがない

マンションは高さが必要になるので、どうしても大きな道路の隣に建設されることが多いです。ですが、戸建ては逆に第一種低層住宅に建てられる事が殆どなので、閑静な住宅街の中にあります。

窓を開けても車の騒音もしない静かな場所の物件を探す事が出来ます。

また、マンションでは上下階のお宅との騒音トラブルが多発しますが、戸建てでは隣家との騒音トラブルは一切ありません。子供が家の中を走ったり、飛んだり跳ねたりしても全く問題ありません。

4LDKが基本で1部屋が広い

戸建ては4LDK以上の間取りで販売されている事が多いです。最近は在宅ワークの広がりから、仕事部屋を足した5LDKの物件もあります。

4LDKの物件では、マンションの3LDKの物件に比べて1部屋の大きさが広くなっている事が多いです。マンションでは5畳程度の部屋が多いですが、戸建てだと6畳はあります。

一番広い部屋は10畳あるので、クイーンベッドとシングルベッドを並べて家族みんなで寝ています。うちの奥さんは家族みんなで寝られて幸せそうです。

カスタマイズ性がある

マンションは、共有スペースがあるのでそれ程いじれません。戸建ては全て私の持ち物なので、法律に抵触しない限り自由にいじれます。

アンテナ・LANケーブルの配線はDIYで設置しました。それぞれこちらの記事で紹介しています。

他にも庭の空いているスペースにコンクリートを打設して、駐輪場を造ったりもしています。

土地の割合が多い

資産という意味では、マンションは建物と土地が5:5の割合でしたが、私が購入した戸建ては3:7です。この割合は戸建てでも変わってくるので参考程度です。うちは土地の割合が高いので、建物の価値がなくなっても土地を資産をして子供に残す事が出来ます

戸建てのデメリット

マンションではメリットな事が、戸建てではデメリットになっている事が多いです。

ゴミ出しが不便

マンションから戸建てへと住み替えて一番不便なのはゴミ出しでした。

ダンボールや不燃ごみ、プラスチックごみはまだ良いのですが、問題は可燃ゴミです。特にキッチンから出る生ゴミです。

週に2回のゴミ捨て日までの間に70Lのゴミ箱がいっぱいになるので、生ごみを減らす努力をするしかありません。ディスポーザーか生ごみ処理機を買おうか悩んでいます。

工事業者が下手だと家が壊れる

エアコン工事を依頼した業者が家を壊していった事がありました。修繕はしてくれたのですが、マンションでは最初からエアコン用の穴が空いているので、こんなトラブルはないと思います。

定期的なメンテナンスが必要

10年に1度の外壁補修、シロアリ対策が必要です。ベランダがある物件は、ベランダの防水処理も必要です。

我が家は外壁はモルタルの上に外壁塗料を塗っているので、塗料を上から塗るだけらしいです。これはDIY出来るかもしれないので、チャレンジするかもしれません。

シロアリ用の薬は建築時に散布されていて数年間は持つらしいですが、効果が切れる前に業者に頼んで対応が必要です。

マンションの維持費と同程度の費用がかかると思えばそんなに大きなデメリットではないのかもしれないです。

光熱費が高い

マンションに比べて光熱費が高いです。

我が家はエネファームがあるので光熱費はマンションの時より安いです。ですが、それはエネファームで相殺しているだけなので、光熱費が高いのは間違いないです。詳しくはこちらの記事で紹介しています。

マンションから戸建てへと住み替えて良かったのか?

私はマンションから戸建てへと住み替えて良かったと思っています。

一番の理由は騒音トラブルが一切ないからです

子供が家の中を走り回ったり、飛んだり跳ねたりする度に、奥さんと戸建てに住み替えて良かったね。と話をしているくらいです。

マンションから戸建てへの住み替えは多い

マンションから戸建てへの住み替える時に、かなりに物件を見学に行きました。

その時に不動産会社の方に伺っていたのですが、マンションから戸建てへの住み替えをする方は多いです。私は20棟以上のそれなりに規模のある分譲住宅を見学していましたが、半分くらいはマンションからの住み替えの方々だそうです。

家を売っている人は殆どが戸建てに住んでいる

不動産屋や建築関係の人は、戸建てに住んでいる事が圧倒的に多いです。それは、マンションの音でのトラブルをよく知っているからだと思います。

マンションを買うなら老後用

マンションは騒音のトラブルさえなければ住みやすいと思います。

老後に最上階に住むのであれば、マンションに住むのも良いと思います。子育て期間にマンションに住むのはお勧めできません。

害虫(ゴキブリ・ゲジゲジ)の違いはあるの?

戸建てだと害虫が気になる方がいるかと思います。

正直、マンションの方が害虫が酷かったです。どちらも家の中で見かけた事はないのですが、マンションの方が圧倒的に遭遇率が高かったです。

理由は、他人の家との距離が近い事と、ゴミ収集所です。

マンションは隣の家が直ぐ傍なので、隣の家で害虫が発生しているとそこから移動してきます。最上階に住んでいたのに、家の前の廊下を普通にゴキブリがうろうろしていました。

ゴミ収集所の近くは特に危険です。ゴミ収集所に近いエレベーターに乗ろうとしたら、ドアにべったりとゴキブリが張り付いていた事もあります。

我が家の直ぐ近くにゴミ収集所があるのですが、ゴミ収集日にしかゴミを出さないので、害虫は全く見かけません。

一応対策として、敷地内にゴキブリ用の殺虫剤を置いています。マンションでは共有部に勝手に物を置くことが出来ませんので、ゴキブリを見かけても簡単に駆除出来ません。