パナソニック製電動バリカンの使い方を紹介【自宅で散髪・節約・口コミ・レビュー】

バリカン,ヘアカット,散髪

パナソニック バリカン ヘアーカッター 充電 交流式 シルバー調 ER-GF81-S
パナソニック バリカン ヘアーカッター 充電 交流式 シルバー調 ER-GF81-S

コロナ過という事もあり自宅で散髪する人が増えて来たかと思います。ですが、ハサミで散髪するのは素人には難易度が高く危険も伴います。電動バリカンなら安全かつ簡単に散髪する事が出来ます

また、家庭で散髪すると節約にもなります。我が家は子供が3人いるので散髪費用もそれなりの負担になります。家庭で散髪する事で出費を抑える事に成功しています。

子供は美容院に行ってもリクエストがきちんと出来ないので割と美容師のお任せになる事が多いです。実際、我が家の長男は散髪した後に髪形に不満を持つ事が多々ありました。家庭で散髪する事でリクエストを聞きながらカット出来るという事もあり、意外と子供には好評です

うちの子供たちは拘りが強くて気難しいところがあるので心配でしたたが、美容院・床屋でカットして貰うよりも満足度は高いみたいでした。最近ではちょっとでも髪の毛が伸びると、カットして欲しいというリクエストしてくる事もあります。

散髪に必要な物

家庭内で散髪をするのは初めてでしたので、必要な道具は全て新規に買いそろえました。購入したのはパナソニックの電動バリカン散髪マントネックシャッターの3点です。

電動バリカンを選んだ理由は安全性が高いからです。素人がハサミを使うのは危険ですし、散髪用のハサミは繊細なので落としたりすると直ぐにダメになってしまいます。

電動バリカンであれば誤って怪我をする事はまずありません。

パナソニック 電動バリカン R-GF81-S

パナソニックの電動バリカンは付属物に有無で価格が変わります。私は全てのアタッチメントが付いてくるフルセットを購入しました。

実際に電動バリカンを使用してみて分かったのですがアタッチメントは多い方が良いです。

アタッチメントを使ってカットする髪の毛の長さを調整するのに使います。丁度良い長さのアタッチメントが無いと長くなりすぎたり短くなりすぎたりします

そういう理由から殆どのアタッチメントを使います。有って無駄になるという事はないでしょう。アタッチメントがあれば散髪に慣れて来た頃には色々工夫が出来るようにもなります。

アタッチメントだけを購入出来ないのでアタッチメントが全て付いてくるセットの購入をお勧めします。

付属するアタッチメントは以下の通りです。

  • 50mm, 60mm, 70mmの段階調節アタッチメント
  • 20mm, 30mm, 40mmの段階調節アタッチメント
  • 3mm, 6mm 切り替えアタッチメント
  • 9mm, 12mm 切り替えアタッチメント
  • 15mm, 18mm 切り替えアタッチメント
  • 耳まわり&ナチュラルアタッチメント
  • スキ刈りアタッチメント

コードレスなので便利

パナソニックの電動バリカン R-GF81-Sはコードレスで利用する事が出来るので髪の毛をカットする時に電源コードを抜いて使えます。

電池残量が少なくなってきたらまた電源コードに繋いで使う事も出来ます。

電池残量がゼロになってしまうと電源コードを繋いでも動作しなくなります。その時には約3分程充電すれば電源コードを繋いでいる状態での利用は出来るようになります。

簡単お手入れ

ウォータープルーフですので水で洗い流せます。

とはいえ、髪の毛は水で洗い流してもそれ程落ちません。付属している刷毛でそれなりに掃除しています。どうせ使うたびに髪の毛が内部に残るので、動作に影響がない程度の掃除で問題ないと思います。

使い終わったら毎回油を差します。油を差さないと錆びて使い物にならなくなります。

散髪マント

散髪マントは必須です。カットした髪の毛の処理は大変ですので、マントの中に髪の毛が溜まるタイプが後始末がしやすくて便利です。一度普通の散髪マントを購入したのですが、片付けが大変過ぎたので髪の毛が溜まるタイプを買い直しました。

ネックシャッター

バリカンのアタッチメントで段階的に髪の毛をカットしていくとカットされる髪の毛がどんどん短くなり首筋の隙間から服の中へとカットした髪の毛が入っていってしまいちくちくするようになります。

短くカットされた髪の毛が首筋から服の中に入るのは子供からも不評でしたので、後からネックシャッターを購入しました。効果はかなりあってこれを付けてからはちくちくするとは言わなくなりました。

ネックシャッターミニミニが子供用です。通常のは大人用ですので、お子さんの髪の毛をカットする時にはミニミニが良いかと思います。

カラーバリエーションがあるので子供が好きな色を選べるのが良かったです。

散髪に適した場所は?

我が家では散髪は浴室で行っています。少し狭いのですが掃除が楽なのと鏡があるので便利です。

知り合いにはリビングで散髪している方もいます。それなりに散らかるので敷物がないフローリングであれば良いかと思います。

浴室で散髪する時に気を付けなければいけない事は、浴室が乾燥している時に散髪をする事です。浴室の床が濡れていると髪の毛がくっついて掃除が大変です。

床が乾いていれば刷毛とちりとりで簡単に髪の毛を回収して捨てる事が出来ます。濡れていると乾くのを待つか、流してしまってヘアキャッチャーで捕まえるしかありません。

どんなに頑張っても細かい髪の毛は排水溝に流れてしまうので排水溝の掃除もかねてパイプフィニッシュプロで綺麗にしています。通常のパイプフィニッシュに比べて強力です。

電動バリカンの使い方

私が購入したバリカンを使ったパナソニック公式の動画があるので、まずはそちらで手順を確認する事をお勧めします。

同じ内容の解説が載っている”カットモード テクニックBOOK”という冊子が付録されています。いくつかのヘアースタイルのカット手順が丁寧に解説されていてとても良かったです。

YouTubeには冊子に収録されているカット方法が一通り掲載されています

動画を見ると分かるかと思いますが、バリカンで上手にカットするにはアタッチメントをきちんと使い分ける事が重要です。

繰り返しになりますが、電動バリカンを購入されるのであればアタッチメントが沢山付属しているモデルがお勧めです

カットの手順

最初にどれくらいの長さにしたいのかを子供と相談します。動画や写真の見本を見てどの長さが理想なのかをきちんと決める事が大切です。

次に目当ての長さに近いカット方法の動画を見ます。

基本的に、頭頂部分に近いほど長いアタッチメントを使用します。バリカンで怪我をする事はないので、きちんとカットする髪の毛を押さえつけてカットしていきましょう。髪の毛が浮いてしまうとカットが不揃いになります。

慣れてきたらアタッチメントの長さを少し調整する事でリクエストされた長さに調整できるようになります。慣れていないうちは動画の解説の通りにカットした後に少しずつ調整すれば大丈夫です。

面倒くさがらずにきちんとアタッチメントを切り替える事が大切です。特に短いアタッチメントを使ってしまうとやり直しがきかなくなってしまいます。

節約できる散髪費用

子供の散髪とはいえカット料金は結構高いものです。

今までずっと美容室でカットして貰っていましたが1回で2000-3000円程の費用がかかっていました。3ヶ月に1度の散髪でも3人分となると年間約30,000円の出費となります。結構な出費です。

それを家庭内で散髪する事にすればどれくらい節約出来るのでしょうか?

私が散髪をするのに購入した物は全て合わせても1万円程度です。3~4回散髪すれば元が取れてしまうのです。

まとめ

初めて私がカットする時、子供はどんな姿にされるのか心配していたものです。ですが、一度カットしてみてその出来栄えに満足したのか、その後は子供は自分からリクエストしてくるようになりました。

それに家庭内でカット出来るようになると、美容室に行くのと違ってお金を気にしなくて良いのも大きいです。ちょっと伸びたかな?と思った時に気軽にカット出来ます。

3~4回程度家庭でカットすれば十分に元が取れるのは凄く大きいです。