GoogleフォトからAppleのiCloudへ移行する方法【iPhone】

2021年6月15日Apple,Googleフォト,iCloud

Googleフォトは、2021年6月1日から新規の写真と動画はクラウドのストレージ容量を消費するようになり、容量の追加には月額課金が必要になります。その為今までは無料だったGoogleフォトから他のクラウドストレージサービスへと移行する人が多いかと思います。

そこでこの記事ではApple製品の利用者には便利なiCloudへ移行する方法を紹介します。AppleのiCloudはiPhone標準のクラウドストレージサービスですので手続きが簡単で使い勝手も良いです。

GoogleフォトからiCloudへの移行作業はiPhoneとPCで作業をする事が出来ます。

iCloudとは

iCloudはAppleが提供するクラウドストレージサービスです。

Apple IDを持っている人は5GBまで無料ストレージが付与されています。それ以上の利用には容量に応じて月額の利用料金がかかります。

iCloudの特徴はAppleのクラウドストレージサービスなので、iPhone、iPad等のApple製デバイスとの相性が良い事です。

初期状態ではiCloudへとあらゆるデータを同期しています。

Googleフォトを利用している人はその同期をオフにしている人が多いと思います。同期をオフにしている間は写真、動画データはiCloudには保存されていないので、Googleフォトからデータを取り出して、iCloudへと移す作業が必要です。

iPhoneに全てのオリジナル写真・動画が残っている方(写真アプリから全てのデータが確認できる)は、iCloudの同期機能をオンにするだけでよく、移行作業は不要です。Googleフォトアプリで見えていても写真アプリで全ての写真・動画を閲覧出来ない方は移行作業が必要になります。

iCloudとGoogleOneのストレージ価格の比較

GoogleフォトはGoogleOneというサービスの1つとしてストレージ容量を課金する事になります。

iCloudは5GBまでGoogleOneは15GBまで無料ストレージ容量が付いています。どちらのサービスも無料ストレージ容量を超える分には月額料金が発生します。

ちらのサービスもストレージ容量を家族と分け合えます。

iCloudGoogleOne
無料ストレージ容量5GB15GB
50GB/月130円
100GB/月250円
200GB/月380円400円
2TB/月1300円1300円
iCoudストレージとGoogleOneの比較

iCloudとGoogleフォトのクラウドストレージ月額料金には、それ程大きな違いはありません。ですが、GoogleOneには年払いプランがあります。年払いプランを利用すると2ヶ月分値引きされるので、iCloudストレージよりも断然お得になります。

そして私が考えるiCloudとGoogleOneの一番大きな違いはGoogleフォト経由で2021年5月末までにアップロードした高画質写真と圧縮動画はずっと無料のままという点です。

GoogleOneでは無料で持っていられるデータでもiCloudへ移すと有料ストレージ容量を消費する事になります。

例えば、Googleフォトのデータが200GBを超えていても新規のデータ分しか利用料金がかからないので最初は100GB/月のプランで月額250円の利用料金で済みます。

Googleフォトの200GBをiCloudに移行するにはiCloudの2TB/月のプランを契約する事になるので月額1300円の利用料金となります。

ですが、2021年6月1日以降の写真・動画が200GBを超えてしまうとどちらも2TB/月のプランになるので月額1,300円で同じ利用料金になります。

iCloud or Googleフォト

Googleフォト以外でもGoogleのストレージを大量に使っている人はGoogleOneを契約する方が良いと思います

AppleユーザーはiCloudが便利な理由

クラウドストレージの利用料金を比較すると年払いがあるGoogleOneの方が年間2か月分お得です。

利用料金だけで利用するクラウドストレージを決めるのであればGoogleOneが良いのですが、iPhoneユーザーはiCloudの方が便利です。

iCloudの便利な点
  • iPhone、iPad、Macバックアップ先に利用できる
  • アプリのデータをiCloud経由で共有できる

iPhone以外にもiPadやMacを持っている人はiCloud経由でアプリがスムーズにデータを同期してくれます。アプリがiCloudに対応していると機種交換の時もバックアップから復元してくれるので安心です。

Appleのアプリは当然ですが、それ以外にもiCloudに対応しているアプリはiCloud経由でデバイス間でデータを同期できます。写真・カレンダー・リマインダー・メモ・Safari・Wallet・Siri・キーチェーン等が対応しています。

iCloudに対応しているアプリはiPhoneの設定 > Apple ID、iCloud、メディアと購入 > iCloud で確認出来ます。

iPhoneでiCloudへとデータを移す

写真アプリのiCloud同期を有効にします。

設定 > Apple ID、iCloud、メディアと購入 > iCloud > 写真 > iCloud写真をタップして有効にします。

iCloud写真
iCloud写真

後はGoogleフォトアプリから写真・動画をデバイスに保存して写真アプリでiCloudに同期するだけです。写真・動画のデータ量が多いとiPhoneのストレージが足りなくなるので少しずつ作業する事になります。

Googleフォトでタップしたままにすると範囲選択が出来るので、一気に複数の写真・動画を選択します。中央上に表示される共有アイコンを選択しデバイスに保存を更に選択します。

これだけで作業は完了です。

Windows PCでiCloudへとデータを移す

Googleフォトのエクスポート

iCloudにデータを移すには、Googleフォトから写真、動画データをエクスポートします。その方法はこちらの記事で紹介しています。

iCloudをインストール

Microsoft SotreからiCloudを入手します。

Microsoft Store iCloud

起動すると、ログインを求められるので、Apple IDでログインします。

Apple IDでログイン

ログインすると、同期設定を求められます。今回は、Googleフォトからの移行が目的なので、"写真“にチェックを入れましょう。"適応”を押すと同期が始まります。設定内容に問題がなければ、適応を押した後は"閉じる“を選択しましょう。

iCloudの同期設定

これでセットアップは完了です。

エクスプローラーから、iCloud写真へとアクセスできるようになっているはず。私は、iPhoneを使うので、iPhoneで撮影した写真が同期され始めました。

後はこのフォルダ内に写真を置くことでiCloudで同期されます。Googleフォトからエクスポートしたデータをこのフォルダ内に入れてiCloudとの同期が完了すれば、データの移行は完了です。

iCloud写真

Googleフォトのエクスポートデータは、日付毎のフォルダに分かれていて、中に.jsonファイルが含まれていますが、気にせずにフォルダを丸ごとiCloud写真フォルダに移動して大丈夫です。

.jsonファイルは写真ではないので、iCloudで同期されません。

HEIC形式のファイルは同期されない

Windows版のiCloudは、HEIC形式の画像ファイルは同期してくれません。HEIC形式ファイルをJEPG形式に変換する必要があります。変換方法はこちらの記事で紹介しています。