2020年大統領選挙前の急落時にWealthNaviで買い増した結果を紹介【資産運用・投資】

WealthNavi,投資,資産運用

WealthNavi 2020年大統領選挙から約3週間後
2020年大統領選挙から約3週間後

株価の急落、暴落時に株、投資信託の買い増しをする人としない人がいるみたいですが、私は投資に使える予算があったので、その分を試しにWealthNaviに入金してみました。

結論から言うと、追加入金した事で一時的に0.75%まで下がった利益は約3週間で10%まで利益は回復しました


急落前の運用損益

WealthNavi 2020年大統領選挙での急落前の成績
2020年大統領選挙での急落前の成績

急落前は10%前後の含み益が出ていました。半年間で一番良い時は、16%前後の含み益が在った頃もありますね。

WelathNaviは資産変動の割合を見て、自動的にリバランスしますが、丁度大統領選挙の半月前にリバランスを行っており、米国株、新興国株を売りに出して、それ以外の資産に振り分けていました。これぐらいのリバランスでは急落にも余り効果がなく利益はかなり減っていましたね。

WealthNavi リバランス
WealthNavi リバランス

急落時に入金

半年間の運用成績が良かったのと、長期割を目指してその分はどこかのタイミングで入金しようと思っていたので、30万円を入金しました。入金した後に更に1日急落が続いたのもあり、利益が0.75%まで下がりました

WealthNavi 2020年大統領選挙時の急落時に入金
2020年大統領選挙時の急落時に入金

入金から3週間後の利益

WealthNavi 2020年大統領選挙から約2週間後
2020年大統領選挙から約2週間後

最初に紹介しましたが、結果的に3週間で0.75%から10.02%まで回復しています。

利益を%で見ると、急落前は10.42%、急落後に買い増して0.75%、3週間後に10.02%と急落前に戻っただけという印象を受けます。

ですが、利益を円で見ると、急落前は+20.848円、急落後に買い増して+3,750円、3週間後に+52,103円となっています。短期間で約3万円の利益が出ています。これは、入金した30万円から10%の利益を出た事を意味しています。

まとめ

基本的に、何も考えないで長期で積み立てるのが良いのだと思いますが、今はコロナ過でまた急落する可能性が高いと思っているます。ですので、定期的な積み立てよりも、急落時の買い増しの方が良いのかな。と思ってしまいます。

私は新型コロナウィルスでの暴落の時にWealthNaviを開始したのですが、半年間の運用で良い結果が出ています。その事はこちらの記事で紹介しています。

私がWealthNaviを利用している理由はこちらの記事で紹介しています。