バスマットはタオルと珪藻土どちらが良いのか?【口コミ・レビュー】

2021年6月15日バスマット,珪藻土

バスルーム
DarthZuzankaによるPixabayからの画像

バスルームに置くバスマットはタオル生地の物と珪藻土の物があります。昔ながらのタオル生地のバスマットを使っている人も多いかと思いますが、最近は洗濯が要らない珪藻土タイプも人気ですよね。

私はどちらも使ってみてタオル生地タイプの方が圧倒的に良かったのでその理由を紹介したいと思います。

珪藻土のメリット・デメリット

珪藻土バスマット
珪藻土バスマット
珪藻土のメリット
  • 毎日洗濯する必要がない
  • 直ぐに乾く
  • 形が自由

一番のメリットは速乾性でしょうか。多くても後から使う人がべちょっとした嫌な感触を受けずにいつでもさらっとした肌触りです。

定期的に陰干しするだけで良いだけなので、メンテナンスも楽ですよね。

整形がしやすいのか色んな形の商品がありますよね。長方形だけでなく楕円や猫のシルエットをした物だったりと色んな形を楽しめるのも特徴ですね。

珪藻土のデメリット
  • 表面が汚れて汚くなってくる
  • 意外と重量があるので移動が不便
  • 飛び散った水滴を拭けない
  • 色数が少ない
  • 割れやすい

我が家では1~2か月程度珪藻土のバスマットを利用していたのですが、デメリットが大きかったですね。

1か月も使うと表面が黒くなって汚くなってきます。 紙やすりで削って使い続ける人もいるみたいですが、表面が確実に黒ずむから削るという使い方が提案されているのだと思います。

そして掃除機をかけたりするときに動かすのですが、分厚いタイプだったこともあり意外と重いので女性では動かすのが大変そうでした。特にちょっと雑に扱うと割れそうで怖いですね。そんな理由から定期的に陰干しするにしても気を使います。

バスマットの上で体を拭いていると割と周りに水滴が飛び散りますが、タオルのバスマットだと少し動かして拭くことが出来るのですが、珪藻土だとそういう事が出来ません。別途タオルを持ち出してきて飛び散った水滴を拭くことになります。なので、足裏の水分を取るだけの商品です。

珪藻土のバスマットは色数が割と少ないです。白が最も多いと思いますが、白・ピンク・緑と割と色数が絞られています。加工の問題なんでしょうかね?

何よりも私は購入して2か月程度で割れてしまいました

こちらの商品を使っていたのですが、7,875円で購入して2か月しか使えなかった事が衝撃的でしたね。他の人のレビューを見ても珪藻土は割れやすいと書いてあったりしたので、それ以降は珪藻土の商品は買っていません。

タオル生地のメリット・デメリット

タオル生地のメリット
  • 洗えるので清潔さを保てる
  • カラーバリエーションが多い

タオル生地のメリットは洗える点ですね。珪藻土ですとだんだん黒ずんでくるのが本当に嫌でしたが、タオル生地は洗うと確実に綺麗になるので清潔さを保ててとても良いです。

そして、色のバリエーションは圧倒的にタオル生地の方が多いです。

タオル生地で軽いので飛び散った水滴をささっと拭けるのもポイントが高いですね。床に水滴が残ったままになるのは嫌ですからね。

タオル生地のデメリット
  • 洗い物が増える
  • 後から使う人は濡れている
  • 複数枚必要
  • 珪藻土ほどではないが長く使うと黒ずむ

タオル生地のデメリットは洗い物が増える点ですね。珪藻土は洗う必要がないので、洗濯の手間が増えます。まあ、タオルの洗い物が少し増えるくらいなので我が家では余り気にしていません。

珪藻土は表面がいつでもさらっと乾燥していますが、タオル生地ですと後から使う人は濡れた状態で使う事になるので、べちょっとした嫌な感触が足元に出ます。頻繁に取り換えるのも手ですが、洗い物が増えてしまいますよね。

頻繁に洗濯するので、ストックが何枚か必要になります。珪藻土のバスマットが8,000円近くしたのに直ぐに割れてしまったので、2,500円程度のタオル生地のバスマットを複数枚買うくらいは特に大きな出費とは思わなかったですが、タオルは何枚も買うから大きな出費になりますよね。

タオル生地ですと色のバリエーションが多いので複数枚買う事で色を楽しめて逆に良いかもしれませんね。

珪藻土みたいに数ヶ月で黒ずむという事はないですが、年単位で使うと流石に黒ずんできます。吸水力には問題がないので

タオル生地は軽いので転びやすいと思う人もいるかもしれませんが、我が家で使っているhotmanのバスマットはそこまで軽い訳ではないので転んだことはありません。

小さい子供が居ますが一度も子供が転んだことも無いですね。

hotmanのバスマットがお勧め


我が家ではずっとhotmanのバスマットを使い続けていますが凄く良いです。耐久性もかなり高くて5年前に購入した物もまだ使えています。ずっと使っていると若干ごわごわしてきていますが、吸水力は現役ですね。

色も18色の中から選ぶので家の雰囲気に合った色を選べるのも良いですよね。

色違いを4~5枚購入してローテーションして使っています。複数枚あると使う都度洗濯して清潔さを保てますし、色も楽しめますね。

毎年買い替える人もいるみたいですが、生地が黒ずんだりしている訳でもないですし吸水性も問題ないので我が家では使い続けていますね。

まとめ

私は圧倒的にタオル生地のバスマットがお勧めです。

珪藻土はどうしても表面が黒ずむ点、割れてしまうリスクが高い点、それに飛び散った水滴をどうせタオルで拭かないといけない点がダメでしたね。使ったことが無い人は興味を惹かれるのかと思うのですが、それ程良い商品ではないですね。

最近は珪藻土の商品にアスベスト(石綿)が含まれている事もあるみたいなので、購入時には気を付けてください。特に表面を削ったりしてしまうと吸い込むリスクが高くなるので危険ですね。

にほんブログ村 インテリアブログへ