NURO光でFF14をラグ・遅延なしでプレイできる環境を構築【MMORPG】

FINAL FANTSY XIV,MMORPG,ファイナルファンタジー14

NURO光でFF14をラグ・遅延なしでプレイできる環境を構築
NURO光でFF14をラグ・遅延なしでプレイできる環境を構築

MMORPGの中でも屈指の人気を誇るファイナルファンタジー14ですが、皆さんのプレイ環境はFF14を快適に遊べる環境になっているのでしょうか?

FF14をプレイしていてラグや遅延を感じた事はないでしょうか?避けたはずの攻撃が当たってしまったり、仲間がワープして移動したりしている方は、インターネット通信速度に問題がある可能性が高いです。

ラグや遅延の原因はいくつかありますが、この記事ではインターネット通信速度に焦点を当てて解決方法を紹介思案す。


ラグ・遅延とは何か?

FF14を遊んでいると、らぐい!とか、サーバが重い!という事を聞く事が多いと思いますが、ラグ・遅延の原因は一体何なのでしょうか?

ラグ・遅延の主な原因はいくつかあります。

  • インターネット通信速度(プロバイダに依存します)
  • LANのネットワーク環境(個人で何とか出来ます)
  • PCの性能(PCの性能に対して適切な設定で解決出来ます)

インターネット通信速度の改善方法

インターネットの通信速度は、住んでいるお宅の外側のネットワーク環境・電柱を伝っている回線・プロバイダが提供している機器の品質が影響します。

結論から言うと光ファイバー回線が圧倒的に速いです。

実際にFF14のサーバに接続して通信状況を確かめてみましょう。

スタートメニューからcmdを入力してコマンドプロンプトを起動します。

Windows 10 コマンドプロンプトを開く
Windows 10 コマンドプロンプトを開く

次にプレイしているFF14のワールドのIPアドレスを調べます。こちらのサイトで確認できます。

ARRstatus – FFXIV Server Status

私はBahamutなので「124.150.157.157」となります。コマンドプロンプトに"ping 124.150.157.157 -n 80“と入力してEnterを押します。

NURO光でFF14 ping Bahamut
NURO光でFF14 ping Bahamut

重要なのはラウンドトリップの概算時間(ミリ秒)です。私の環境では平均3msです。最小2ms、最大4msなのでかなり通信が安定しています。

ラウンドトリップタイム(RTT)とは?

ラウンドトリップタイムとはTCP/IP通信のデータ通信が往復する時間です。
FF14が採用しているTCP通信は1往復で1回の通信です。ですので往復しない限り次の通信が出来ません。そこで1往復の通信時間(ラウンドトリップタイム)が重要になります。

インターネット通信の品質が安定して良い事が重要

私はNURO 2Gを契約しているのでインターネットの通信速度はかなり速いです。他のプロバイダを利用している人は20ms程度の方が多いかと思います。

FF14でラグ・遅延を無くすにはこのラウンドトリップタイムが小さい事が重要です。

稀にpingで高い値が出る環境ではラグが発生していると言えます。

平均・中央値が低くても稀に大きな値が出るのであれば意味がありません。それはつまり稀にラグる・遅延が発生する。という意味です。

インターネット通信の品質が安定して良い事が重要です。

LANのネットワーク環境の改善

NURO 光を契約しているのにpingが遅い方もいるかと思います。それは何が問題なのでしょうか?

インターネット環境に問題がないのであれば、問題があるのはLAN(家庭内のネットワーク)を構築している機器に問題があります

よくWindows 10の設定を色々カスタムしてラグを解消!という紹介も見かけますが、最初にやるべきはWindows 10の設定を変える事ではなく、LANの機器を変える事です。

Windows 10はFF14だけを起動している訳ではなく常に色々なソフトウェアが動いています。インターネットブラウザや色んなアプリを立ち上げながらゲームをプレイしている方も多いかと思います。安易にWindows 10の設定を変更すると思わぬところで不具合が出る可能性があります。

私はWindows 10の設定を標準から全く変えていません。それでもpingで平均3msは出ます。

LANケーブルは最低でもCat5e以上、推奨はCat6a以上

最初に見直すべきなのはLANケーブルです。

私はCat6aのLANケーブルを使っています。通信速度が10Gbpsあります。

Cat5eでは1Gbpsしか出ませんが、NURO 2Gでレンタル出来るONU機器ではLANは1Gbpsしか通信速度が出ないのでCat5eでも性能的には十分です。

ですが、余り価格差が無いのと将来的にNURO 10Gに乗り換えるともっとラグ・遅延が無くなるのでCat6aを利用するのがお勧めです。

私が持っている一番品質の悪いLANケーブル(100Mbps)を使って再度pingコマンドを実行してみました。

NURO光でFF14 100MbpsのLANケーブルで ping Bahamut
NURO光でFF14 100MbpsのLANケーブルで ping Bahamut

平均は同じく3msなのですが最大が8msになりました。つまり100MbpsのLANケーブルでは稀にラグる・遅延が発生するという事です。PCからL2スイッチに繋がっているLANケーブルをCat6aから適当な100Mbpsに変えただけでこの違いが出ます。

そして、ネットワーク通信の品質は通信経路全ての機器の影響を受けます

LANケーブルを1本だけ100Mbpsの物に変えただけで8msもの遅延が生じるです。間に品質の悪いLANケーブルが3本あれば24msも遅延します

これが私がCat6a以上のLANケーブルをお勧めする理由です。

L2スイッチ(スイッチングハブ)は最低でも1000BASE-Tが必須

L2スイッチもLANケーブルと同じく通信品質に影響します。残念ながら我が家には性能の良いL2スイッチしか置いていないので性能差を比較する事は出来ません。

それ程高い買い物でもないのですし、良いLANケーブルの使っていてもL2スイッチの性能が低いとラグ・遅延の原因になります。最低でも1000BASE-T規格(通信速度1Gbps)の製品を使いましょう。

QoS対応Wi-Fiルーターを使用する

Wi-Fiは通信が安定しないのでラグ・遅延の原因になります。LANケーブルで有線接続する事は必須です。

また家族がいる方はQoS機能付きのWi-Fiルーターの利用をお勧めします。

QoS(Quolity of Service)とは?

QoSとはネットワーク通信を安定させる為にデータ通信の優先順位・量を調整する技術の事です。

家族の方が他の通信機器(スマホ・Fire TV等)を使うとそれはFF14の通信の邪魔になります。その結果ラグ・遅延に繋がります。特にYouTubeやNetflix、Prime Vide当の動画配信サービスを閲覧していると、データ通信量が多いので、ラグ・遅延の発生頻度が上がります。

QoSに対応しているWi-Fiルーターにはゲーム用のLANポートがあります。そのLANポートは通信の優先順位が高いので、家族がスマホで動画を見たりしてもFF14の通信が有線されるのでラグ・遅延を避ける事が出来ます。

QoSはソフトウェア技術ですのでご自分で設定出来る方はQoSの優先順位の高いLANポートを増やす事も出来ます。複数台のPCを接続する方にもお勧めです。

最強の10Gbpsを目指す

我が家はサービス提供範囲外なので試せていないのですが、NURO 10Ga、au ひかり 10ギガはもっと高速にデータ通信が出来ます。

NURO 2Gの5倍速いので圧倒的です。興味がある方向けにこちらの記事で構築方法を解説しています。

LAN環境の見直しと、光回線のインターネットは必須です。

pingの値が良くない方は、LAN環境の見直しと光ファイバー網のインターネット回線を契約するのが必須です。

ご契約のインターネット回線がどうあれLANケーブル、L2スイッチ、Wi-Fiルーターを見直してみましょう。

それでも通信速度が改善しないのであれば、NURO光への乗り換えを検討しても良いのではないでしょうか?

NURO 光 2Gについてはこちらの記事で紹介しています。

NURO 光 2Gは他のプロバイダに比べて料金も安いのでお勧めです。

月額料金(税抜き)
NURO 光 2G(2Gbps)4,743円
OCN 光(1Gbps)5,100円
au ひかり(1Gbps)5,100円
au ひかり V(5Gbps)6,800円
プロバイダごとの月額料金比較